1. text

    "アメリカ人のチャールズさん。
    彼は、ベトナム戦争の時、優秀なジェット・パイロットでした。
    数々の作戦をこなしていましだが、75回目の出撃で敵のミサイルによって撃墜されてしまいます。
    堕ちて行く中、危機一髪でパラシュートでの脱出に成功。
    命は助かったものの、そのまま捕虜になり、監獄の中で過ごす事に…。

    6年後。
    ベトナム戦争は終結。
    チャールズさんも、やっと、ツライ投獄生活から釈放されました。

    さて。
    ある日の事。
    彼と奥さんがレストランで食事をしていると、別のテーブルにいた見知らぬ男が歩み寄ってきました。
    「あんたはチャールズじゃないか! 空母キティホークからジェット機で出撃して行っただろう。撃墜されたんじゃなかったのか?」
    驚くチャールズさん。
    「いったい全体あんたは、なぜ、そんな事を知っているんだ?」
    すると、その男はこう言ったのです。

    「あの時、おれがあんたのパラシュートを詰めたんだよ」

    なんという偶然。
    チャールズさんは驚きと感謝で息を飲みます。
    その男は嬉しそうに続けます。
    「どうやら、パラシュートはちゃんと開いたようだな」
    「もちろんだ。もしあの時、あんたのパラシュートが開かなかったら、私は今、ここにはいない!」

    その夜。
    チャールズさんは一睡もできませんでした。
    食事の時に会った、自分の命の恩人とも言うべき男の事が頭から離れなかったのです。

    あの男は、空母でどんな格好をしていたのだろう?
    おそらく他の水兵と同じような白い帽子にベルボトムのズボン…。
    私は、彼と顔を合わせた事があったに違いない。
    エリートパイロットだった自分は、その時、彼に自分から「おはよう」とか「元気か」と声をかけただろうか?
    彼らの仕事に対して、1度でも感謝の気持ちを伝えた事があっただろうか?

    彼の頭に、今まで考えた事もなかったある光景が浮かびました。
    それは、何10人という水兵が、船底に近い作業場の長いテーブルに向かって、何時間も黙々とパラシュートを折りたたみ、丁寧に詰めている姿…。

    その後のチャールズさんは、自分のこの数奇な体験を多くの人たちに知ってもらうため、各地で講演を行なったそうです。
    彼はこう言っています。

    「人は皆、気づかないうちに、誰かに様々なパラショートを詰めてもらっている。それは物理的なパラシュートだけでない。思いやりのパラシュート、情緒的なパラシュート、そして、祈りのパラシュート」


    誰もが、知らず知らずのうちに、他人(ひと)にパラシュートを詰めてもらいながら生きているのですね。
    たぶん、ほとんどのパラシュートは、気付かれる事もないと思います。
    でも、誰かがあなたのためにパラシュートを詰めてくれているという事は、忘れてはいけない。
    感謝する事を、決して忘れてはいけない。

    そんな、大切な事を思い出させてくれる話ですネ。
    (参考『リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間』高野 登著 かんき出版)"

    ある飛行機乗りとパラシュートの話: チャーニーのお気楽日記 (via petapeta)

  2. 5分前 1,551 リアクション (petapeta » 3809)
  3. text

    "彼のような絶望の果てに「無敵の人」に転化していく人が増えて行くのを社会がどう止めるのかという課題をつきつけられたといえる。[…]ワーキングプアともいえる生活を長いこと送ってきた彼にとっては冗談でなく本当に拘置所は快適らしい。"

    「黒子のバスケ」脅迫事件実刑判決についての渡邊被告のコメント発表!(篠田博之) - 個人 - Yahoo!ニュース

    断絶したくない周囲がなく、死刑を覚悟していて、生きて入る拘置所は冗談抜きに快適。お金がなくて絆もないけど生きていけるワーキングプアというのは、ある意味社会が見落としていた存在かもしれない。

  4. 5分前 0リアクション
  5. text

    "今期は安価な大衆店から高収益の専門店業態への転換に本腰を入れる計画だが、一方で、サービス業の「要」である人材の確保難が行く手に影を落とす。業績を回復軌道に乗せるためには、デフレ環境下で成功した事業モデルから脱却するだけでなく、従業員の労働環境や「ブラック」の評価が根付いた企業イメージの改善も急務だ。"

    「もうブラックと呼ばせない」ワタミ正念場 労働環境改善、新業態で再成長目指す+(1/4ページ) - MSN産経ニュース

  6. 15分前 0リアクション
  7. text

    "「TGIフライデーズ」のアルバイト募集で、70人の採用枠に約200人もの応募が殺到したのだ。「若者向けの新鮮なイメージが『働きたい』という人気につながっている。残念ながら、同条件でも居酒屋『和民』の募集では5人くらいしか集まらない」。"

    「もうブラックと呼ばせない」ワタミ正念場 労働環境改善、新業態で再成長目指す+(3/4ページ) - MSN産経ニュース

    日本国内のT.G.I Fridaysはワタミグループが運営。

  8. 24分前 0リアクション
  9. text

    "「モテる髪型」みたいな雑誌は買うのを躊躇うくせに、「デキる人になる」みたいな本は平気で買えてしまう"

    キャリアポルノは凡人の味方! 無駄がないと生きていけない! | ダ・ヴィンチニュース

  10. 22時間前 150 リアクション
  11. text

    "ナイトプールと言えば絶好の撮影ポイントとして知られている。プールに照らされるライトを浴びながら、とっておきの水着姿で写真を撮れば誰だってオシャレ女子だ。"

    女子大生が集まる“夜のプール”!人気のヒミツはSNSに載せるため? | ソーシャルトレンドニュース

  12. 23時間前 1 リアクション
  13. text

    "紙だと編集者の仕事は“コンテンツをマネージメントすること”だと思うんです。デジタルだと速度が上がってコミュニケーションの比重が高まる。「コンテンツを作って出す、そしてその反応を受けて何かを作る」というコミュニケ―ションマネージャーに仕事が変化していくんじゃないかと思っています。"

    “コンテンツ”がコミュニティーを作る――Casa BRUTUS編集長・松原亨とピースオブケイク・加藤貞顕が考える未来の雑誌 - ITmedia eBook USER

  14. 23時間前 5 リアクション
  15. text

    "ネットで配信する1つ1つのコンテンツも短くなっていて、例えばYoutubeの動画は1分~3分の長さが主流。これがデジタルにおけるコンテンツの長さです。"

    “コンテンツ”がコミュニティーを作る――Casa BRUTUS編集長・松原亨とピースオブケイク・加藤貞顕が考える未来の雑誌 - ITmedia eBook USER

  16. 1日前 0リアクション
  17. text

    "18人の委員からは、在日韓国・朝鮮人らに対して民族差別をあおる街宣活動「ヘイトスピーチ」を懸念する意見が相次いで出され、このうち、パキスタン出身の委員は「あからさまな差別的言動が繰り返されていることを懸念している」と述べました。また、ルーマニア出身の委員は「人種差別を禁止する新しい法律が必要だ。差別的発言の禁止と表現の自由の尊重は相反するものではない」と指摘しました。"

    国連 日本のへイトスピーチに懸念 NHKニュース

  18. 1日前 1 リアクション
  19. text

    "この活動は「アイスバケットチャレンジ」と呼ばれ、ALSの患者を支援しようというもので、氷水をかぶった人は3人を指名して、同じように氷水をかぶるか、あるいは100ドル寄付するよう促すものです。この活動の参加者にアメリカのブッシュ前大統領が指名され、ブッシュ氏は20日、ALS患者の支援に寄付することを表明したうえで、夫人からバケツで水をかけられ、その様子を撮った映像をみずからのフェイスブックで公開しました。ずぶぬれになったブッシュ氏は、活動の次の参加者に、前日の19日が誕生日だったクリントン元大統領を指名し、「私からの誕生日のプレゼントにバケツの冷たい水を贈るよ」と宣言しました。この活動には、マイクロソフトの創業者、ビル・ゲイツ氏や、サッカーのクリスチアーノ・ロナウド選手など世界の著名人が参加して氷水をかぶっており、集まった寄付金は30億円余りに上るということです。"

    ブッシュ前大統領も氷水かぶる NHKニュース

  20. 1日前 1 リアクション

About

Makio Tsukamoto tumblelogging in the mood of sinkin' in the rain.

Search

Ads by Amazon

Tags

People I follow